かんだ米とは

その昔、小矢部市の平桜地区は粘土質の土のため、瓦職人が多くいました。
その粘土質の田んぼで採れたお米を『かんだ米』として販売しています。
この粘土質は稲作にとって多くの恩恵を与えてくれました。また、上流に近い水源は不純物が少なく、ミネラル分が豊富に含まれています。
これら特有の自然環境により強い甘みと粘りを生んだ『かんだ米』は減農薬と有機素材で栽培され、人と環境にやさしい安心・安全なお米です。

 

 

【コシヒカリ】

中生品種。出荷時期:9月中旬頃。
日本全国で生産されている、最高級品種のお米です。
お米自体の味が濃く、粘り気が強く、もちもちした食感で、甘味も旨味も優れています。炊き上がりのつやつや感や香りが、より一層食欲をそそります。

 

【てんたかく】

富山県オリジナル米・早生品種。出荷時期:8月下旬から~9月上旬頃。
「コシヒカリ」よりも粒が大きく、あっさりとした甘味があります。炊き上がりは色白で透明感があり、ひと粒ひと粒がしっかりしています。米粒の形も崩れず美しい形を保ちます。

 

 

【てんこもり】

富山県オリジナル米・晩生品種。出荷時期:9月下旬頃。
粒がしっかりしていて、ほどよい甘みがあります。炊き上がりもお米のひと粒ひと粒に張りがあり、つやつやしています。しっかり噛みしめて食べたい方には、おすすめのお米です。

 

【新大正糯】

出荷時期:10月中旬頃。
富山の気候と風土、水が作り出す、最高級品種のもち米です。餅にするとのびがよくなめらかな舌ざわりが味わえ、赤飯やおこわもおいしく仕上がります。